浮気相手の慰謝料の相場を知りたいです

  • 慰謝料 浮気相手の相場
  • 二股 女の終わり方
  • 気軽に通うことができました

    あくまでも個人的な感想ですが。二股をかけている女の人との綺麗な終わり方を願うのは無謀だと思います。男の人の保身。身勝手すぎますよね。
    私は過去に2回、二股をかけられていたことがあります。1回目は学生時代の頃。初めて付き合った彼は、私とバイト先の女の人との交際を同時進行していました。
    学生時代の恋愛は大人になった今思うと、恋愛ごっこのようなものでしたが、当時は本気で辛く悲しい思いをしました。二股をかけられただけでも悲しいのに、
    彼から「お前に飽きた。別れるから連絡してこないで。」と、一方的に別れを告げられました。別れたくないとすがる時間もなく、電話で簡単に関係を終わらせられたんです。
    校内で会っても、彼は私を無視。ついこの間まで恋人同士だったのに、一瞬で赤の他人になってしまったことに気持ちがついていきませんでした。
    次第に怒りが湧き始め、彼を見返してやるという気持ちで自分磨きに励みました。こっ酷く振られるという終わり方は、彼に未練を持たずにこれからの人生を前向きに生きるきっかけになったんです。
    2回目の二股は1年前。合コンで知り合った彼は私より5歳年上で、落ち着いた大人の男性という印象でした。何回目かのデートの後、付き合うことに。
    私の目を見て優しく微笑む彼を愛していました。事あるごとに私のことを気遣ってくれる彼とこれからも一緒にいたいと思っていました。
    でも彼は、私の他にも付き合っている彼女がいたんです。ある日、会社に本命の彼女を名乗る女の人から連絡がきました。要件は、彼と婚約したから別れてほしいというもの。
    突然のことに理解ができませんでしたが、詳しい話を聞く為に2人で会うことになりました。本命の彼女から見せられた彼とのやりとりや写真等から二股をかけられていたことを知っただけではなく、
    彼女が本命で私は2番目だという事実を知りました。頭が真っ白になりました。彼女は私よりもずっと前から交際していました。浮気をした事実を知っても
    、 別れる気はないそうです。脱力しながら家に帰った時、彼から連絡がありました。二股していたことを謝る内容です。最後の方に書かれていたのは、
    「僕は〇〇(私)のことを本気で愛していたよ。全部僕が悪い。先に出会っていたのが〇〇だったら、未来は変わっていたのかもしれない。
    僕はもう隣にいることはできないけれど、〇〇が幸せになることを願っています」という言葉。本気で愛していたという気持ちを抑えられることはできません。
    二股をかけられていた事実を突きつけられても、簡単に彼を嫌いになることはできないんです。もしかしたら彼は理由があって彼女と別れられないんじゃないか、
    私の方が愛されてるんじゃないかと考えることもありました。彼の身勝手な保身で、私は彼に未練が残り、長い時間苦しめられました。
    男の人が望む綺麗な終わり方は、残酷です。今はちょっとしたきっかけがあって彼にかけられた魔法がとけて、前向きに受け止められるようになりました。
    彼と会っても気持ちを抑えられると思います。